更年期障害

スポンサードリンク

更年期や更年期障害という言葉は皆さんにとってもお馴染みの言葉だと思います。では、そのお馴染みの言葉「更年期」はいつ頃から始まるのか、「更年期障害」とはいったいどのような症状が出てくるのかと言うことになるとかなりあやふやで不十分な認識の方が多いのではないでしょうか。
よく、閉経してから更年期が始まると勘違いしている方も織られるようですが、更年期とは、閉経を挟んだ前後十年を指すのが一般的ですので、閉経が起こるかなり前からすでに更年期は始まっていると言えます。

また、更年期障害とは、ホルモンが大きく変調する50歳前後の更年期に、身体的・精神的な不調をきたすことです。更年期障害の諸症状の感じ方は個人差が大きくそれこそ人様々ですが、症状がつらいと感じている方は、決して一人では悩まずにまずは更年期障害なのかどうかを確認してみることから始めましょう。更年期と更年期障害についての正しい知識を持つことも非常に大切なことです。このサイトが、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

更年期障害のはじまり

一般的に女性の一生を大きく分けると、幼少児期・思春期・性成熟期・更年期・老年期の5つに分けることができます。その中で、更年期とは、卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が急激に減少する「閉経を迎える時期の前後5年くらいの期間」のことを指します。(通常、1年以上月経がない場合、閉経と判断されます。)

更年期の始まり

日本人女性の平均閉経年齢は50歳くらいといわれていますので、更年期はだいたい45~55歳くらいと考えることができます。40才代などまだまだ女盛り…とも言えるのでしょうが、現実には女性なら誰でも40才代半ばになったら例外なく更年期に入っていくといって良いでしょう。
このように、更年期という現象はほとんどの場合本人が意識しないうちに始まるものですから、後から振り返ってみた時に、「あの頃が更年期だったのね」と思い出される人も少なくありません。

ではどのような症状が出てきたら更年期が始まったとすれば良いのでしょう?

一番の目安になるのは、月経不順や閉経があげられます。閉経を迎えたとすると明らかに更年期だとわかりますが、閉経前の数年間、月経のリズムが乱れてくる時期があります。このように、月経がだんだんと不規則になってきたら、そろそろ更年期に足を踏み入れたんだなと思って間違いないでしょう。

この時期は、ホルモンバランスの乱れにともない、「顔や体が急にほてる」「急に大量の汗をかく」「いらいらする」「不安になる」といった様々な身体的、精神的不調をきたすことがあります。それらの不調が、日常生活にも支障がでるほど更年期の症状がひどい場合を「更年期障害」と呼んでいます。

更年期障害の特徴

更年期軽い人重い人

更年期の特徴として、更年期障害の症状の出方は個人差が非常に大きいという事が上げられます。たいした症状もあらわれず、辛さも感じずにやり過ごしてしまう人もいれば、日常生活に支障をきたすほど症状のひどい人もいます。

卵巣機能の低下の度合いやホルモン分泌の低下の起こり方が人によって大きく異なるために更年期障害の症状の差がでるのだとされています。また、同じような変化に対して、体が敏感に反応する人やそうでもない人がいるなど、更年期に起こる症状、出方の強弱は人それぞれ千差万別です。

一般的には ふだんからホルモンバランスの悪い人、月経不順の人、自律神経失調ぎみの人ほど、更年期の症状が出やすい傾向にあるようです。
なお、症状がひどく、本格的に治療を行わなければならない人は、更年期の女性の20%くらいといわれています。

スポンサードリンク
Filed under: 更年期障害 — admin 4:32 PM