更年期障害とうつ病

スポンサードリンク

更年期障害には、肉体的症状だけでなく精神的症状もあります。不眠や、うつ症状が、その代表的なものだと言えるでしょう。
更年期障害の精神症状である不眠やうつ症状が悪化していくと、「うつ病」を発症してしまう場合もあるので注意が必要です。
更年期の気分の落ち込みは、そういうものだとか、仕方がないとあきらめてしまいがちですが、その影でうつ病を発症している場合もあるため、一人で我慢しないでできるだけ早く専門の医療機関(心療内科や精神科でよいでしょう)で診察を受けるようにしましょう。
また、更年期障害の治療は受けているけれど、不眠やうつ症状が続いているという場合も、うつ病を発病している場合が考えられるため、医療機関できちんと精神面に関しての診察とアドバイスを受けるようにしましょう。

更年期のうつ病治療

医療機関で診察を受けた結果、更年期障害の精神症状の悪化などから、うつ病を発病していると診断された場合は、どのようなことに気をつけて、治療を受けたらよいのでしょうか。
更年期に限ったことではありませんが、うつ病の治療の基本は、「心身の休養」です。精神を安定させるための薬物療法や、心理療法も、もちろん必要ですが、一番大切なのは、家族や周囲の理解と思いやりです。
更年期は、人生において特に心身にストレスのかかりやすい時期だと言われています。家族や周囲は、従来どおり自然に接する、励まさず温かく見守るなどして、ストレスをなるべく緩和できるように協力しましょう。「頑張れ」とか「一所懸命やれ」という励ましの言葉は、うつ病にかかっている人には禁句なのだそうです。励まされても、どうしようもない自分に嫌気がさして、さらに気分が落ち込むなどの悪影響を与えてしまうそうです。また、本人も、一人で悩まず周囲に相談するなどストレスを抱え込まないように心がけることが、更年期のうつ病の治療には、とても大切です。

更年期障害とうつ病の時期

更年期特有の諸症状として、重度になると更年期障害を引き起こす要因になる、のぼせや発汗などの肉体的症状が代表的だと言われてきました。しかし近年では、無気力や不安感、心的不安定状態からおこる睡眠障害など、更年期の時期に発症した精神症状から、うつ病などの更年期障害へと悪化するケースが増えてきているようです。
更年期障害更年期によく見受けられる様々な精神症状は、更年期に差し掛かる閉経直前の時期に発症する場合が多く、更年期を過ごしていくことになる閉経後には、精神症状の悪化による「うつ病」などの更年期障害へと変化することが多いようです。
更年期障害へと悪化させないためにも更年期までに生活習慣の改善や、更年期の過ごし方などの知識を身に付けていかれることをおすすめします。

スポンサードリンク
Filed under: 更年期障害 — admin 3:15 PM