更年期障害とサプリメント成分

スポンサードリンク

サプリメントとひとくちに言っても、ダイエットに利用するサプリメント、花粉症に効果のあるとされるサプリメント等々、それはそれは様々な種類のものがあります。その中でも、更年期障害の予防や症状の軽減に役立つであろうとされるサプリメント成分を紹介します。

イソフラボン

イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。
のぼせ、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶力・判断力の低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感などの更年期障害は女性ホルモンの不足が引き金となりますので、女性ホルモン作用をもつイソフラボンはおおいに有効だとされています。

ポリフェノール

ポリフェノールとは、ほとんどの植物に含まれている色素や渋み・苦みの成分のことで、約5000種類以上もあると言われています。
ポリフェノールは、活性酸素除去作用と血流改善作用が高く、活性酸素の害から身体を保護する働きを持っています。フラボノイドは人体内で作り出すことはできないので、定期的に補給する必要があります。果物、野菜、穀物、種、木の実、およびワインや紅茶のような飲物がフラボノイドの補給源となります。また、松樹皮には、他のどの 抗酸化物質よりも抗酸化力の強いオリゴマープロアントシアニジンが、多く含まれています。

ブラックコホシュ

ブラックコホシュは北米に自生する多年草で、アメリカ先住民の間で女性特有のホルモンに関連する疾患に使われてきたハーブです。ヨーロッパでは医薬品として使われていますが、トリテルペン配糖体やイソフラボン、アルカロイドなどの成分を含んでいます。
ブラックコホシュの持つ黄体形成ホルモンの分泌抑制効果は、更年期に起こりがちな女性特有のホルモンバランス(エストロゲンの低下、黄体形成ホルモンの増加、卵胞刺激ホルモンの増加)を調整し、症状を改善してくれます。その他、月経障害改善、鎮静、月経前緊張症改善作用などもあげられています。

注)厚生労働省より、「海外におけるブラックコホシュの利用に関する注意喚起について」として以下の注意文が発表されていますので、服用する前に検討して医師に相談したほうがよさそうです。
ブラックコホシュ[英名:black cohosh, black snakeroot、学名:Cimicifuga racemosa(L.)、(キンポウゲ科の植物)]を含む製品は、欧州では更年期障害の症状緩和の目的などで医薬品として販売されており、我が国や米国では食品として販売されています。
 諸外国において、ブラックコホシュを摂取した場合の主要な健康被害として、肝障害が報告されており、欧州医薬品庁(EMEA)のハーブ医薬品に関する委員会(HMPC)では、入手可能なデータの評価により、これらの肝障害はブラックコホシュの利用と関連している可能性があるとみなし、肝障害の徴候があらわれた場合のブラックコホシュの使用の中止、医師への相談、医師から患者への使用確認、症例の報告を促す勧告を出しています。これを受け英国医薬品庁(MHRA)、フランス食品衛生安全庁(AFSAA)、フィンランド食品安全局でも、注意喚起を行っています。また、カナダ保健省(Health Canada)も同様の注意喚起を行っています。
日本国内でブラックコホシュ又はこれを含む食品を摂取したことによる健康被害事例はこれまで報告されていませんが、ブラックコホシュの摂取については念のためご注意下さい。 本件に関する詳しい情報は、独立行政法人国立健康・栄養研究所のホームページ(下記)をご覧下さい。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail281.html

チェストベリー

チェストベリーとは、南ヨーロッパから中央アジアを原産とするクマツヅラ科の植物であるチェストツリー(和名イタリアニンジンボク)の実のことです。
月経周期のトラブルや月経前緊張症を悪化させる原因のひとつに、プロゲステロン(黄体ホルモン)不足が考えられます。チェストツリーの有効成分が、脳下垂体から分泌される黄体形成ホルモンの生産を増やすことで、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を促し、ホルモンバランスを正常化させます。

ローヤルゼリー

このローヤルゼリーを驚異的なものにしているのが糖タンパクです。糖タンパクには細胞の寿命を伸ばす作用があり、自律神経の中枢である間脳の老化を防止します。ローヤルゼリーの成分中に発見された糖タンパク(分子量35万)は、動惇、息切れ、不整脈、心臓神経症、更年期障害の予防に良いとされています。
ローヤルゼリーには、3大栄養素であるタンパク質・炭水化物・脂質をはじめとして、人の健康に不可欠な必須アミノ酸(※)のすべてを含む22種のアミノ酸を主体に、各種ビタミン・ミネラルなど40種類以上もの栄養素がバランス良く豊富に含まれています。また、天然の物質としてはローヤルゼリーにしか存在しない特有成分「10-ハイドロキシ-δ-2-デセン酸」(以下デセン酸)も、その有用性で注目されています。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスの主成分は13種類のフラボノイドとギンコライドという物質です。
フラボノイドは血管拡張作用、動脈硬化の改善、鎮痙作用、血糖値正常化、ガンの予防等多彩な働きがあります。
ギンコライドは血小板活性化因子の働きを抑えることで、脳梗塞の引き金となる血栓を予防したり、アレルギー症状を緩和させますし、ビロバライドは脳の神経細胞を保護しアルツハイマー型の痴呆の予防に良いといわれています。
イチョウ葉エキスの主な効果・効能は血流改善です。特に脳や毛細血管の血行が大変良くなるため認知症(ボケ),高血圧,耳鳴り,神経痛,頻尿,冷え性,アレルギー,花粉症の改善などに効果があります。血行が悪いために起きてしまう様々症状にイチョウ葉は効果を発揮します。中でも特に注目すべき効果は脳の血行改善です。脳の血流が良くなるため集中力が増加します。そのため受験生やビジネスマンなどが集中して頭を使うときにイチョウ葉エキスをとることも効果的です。

特定保健用食品(トクホ)

トクホ

特定保健用食品サプリメントの中には、右の写真のように「特定保健用食品」のマークが付いた物があります。
特定保健用食品とは、その食品の中の成分が、科学的試験結果に基づいて健康に有用な機能性があると厚生省が認め、食品に「健康表示」(健康への効用を示す表現)を付けることを許可した食品です。サプリメントの有用性を示すひとつの指標となると思います。

スポンサードリンク
Filed under: 更年期障害 — admin 10:53 PM