更年期障害とサプリメント

スポンサードリンク

最近は、私達が日常摂ることの出来る食品の種類は格段に増え、食生活はずいぶん豊かになったように見えます。しかし、カロリーこそ高いものの栄養価という面では貧しくなったとも言われます。

なぜそうなってしまったのでしょう?

インスタント食品や加工食品が増え、それらを気軽に利用する人々が増えているのが最近の食生活の特徴です。確かに手軽で美味しい、利用しがいのある食材と言えるかもしれませんが、その反面、新鮮でビタミン豊富な野菜はなかなか手に入りにくくなってしまいました。食事だけでは各種ビタミンやミネラルなど、私たちの身体に必要な栄養を十分に摂取するのが事実上難しくなってきている現在においては、「食事はバランスよくきちんと摂った上で、足りないビタミンやミネラルなどの栄養素をサプリメントで補う」といった栄養摂取の方法を取り入れるのがかしこい食生活といえるのではないでしょうか。
サプリメントただし、サプリメントは栄養補助食品であって、主食ではないのですから、いくら多種多様のサプリメントがあるからといって、サプリメントだけですべての栄養素を必要な量とることは現実的に不可能です。サプリメントを過信しすぎないように注意しなければいけません。食事をきちんと摂った上で、不足分をサプリメントで補うというように、あくまでも補助的なものと位置づける事が重要です。
今日では、サプリメントも一般的に認知されるようになってきました。コンビニや薬局、インターネットなどで簡単に手に入れることができますし、その種類も選択に迷うほどありとあらゆるものが揃っています。見ているとどれも必要な気がして、あれもこれもと欲しくなる気持ちはわかりますが、食生活の違いや、個人の体質などの理由で、効果には個人差があります。いくつか試してみて、自分に合うと思われるサプリメントをみつけたら、使用量を守り、少なくとも3ヶ月は続けてみましょう。即効性に期待せず気長につきあってみることが必要と言えます。
また、持病などで現在薬を服用している人は、必ず医師に相談し、アドバイスを受けることが必要ですし、なにより自分の身を守ることにもなります。サプリメントは薬剤ではありませんが、成分の組合せで予期せぬ副作用が現れることがあるからです。

スポンサードリンク
Filed under: 更年期障害 — admin 3:43 PM