更年期障害の症状

スポンサードリンク

更年期障害の症状は、個人差がとても大きいのが特徴と言えます。更年期を迎えてもほとんど気にならないほどの症状しかなく、楽々と乗り越えてしまう人もいれば、更年期障害の症状が非常に重く、日常生活も満足にできなくなってしまう人もいるというのが現実です。 人により軽重のある更年期障害ですが、その症状(不定愁訴)は実に多岐にわたります。その中でも特に多いのは、ほてり・のぼせ・発汗の3症状です。

日常生活でも、人前で話をすれば緊張するし、スポーツをすれば汗もかきます。しかし更年期障害による症状は、そういうこととは全く関係なく起こってくるのが特徴です。電車に乗って吊革につかまっていただけなのに、いきなり体がカーッほてってきたり、立ち話をしていただけなのに急に顔が上気して真っ赤になったりします。これはつらいですよね。

身体面の症状

ほてり・のぼせ

多岐にわたる更年期障害の症状

脳の視床下部がコントロールする自律神経の乱れにより、体温調節がうまくできなくなります。その他、下半身は冷えているのに顔がやけにほてる、大量の汗が吹き出す、突然顔が熱くなる(ホットフラッシュ)、その他、動悸、息切れ、めまい、耳鳴りなども、同様に自律神経の乱れによります。

尿漏れ・残尿感

泌尿器周辺の筋肉の衰えを原因として、尿漏れ・失禁・残尿感・頻尿などの症状が表れてきます。「トイレに行ったのに間に合わずに失禁してしまった」、「くしゃみや咳をしたらオシッコがもれた」などは、エストロゲンの減少により、粘膜に異常が起こることにも関係しています。

しみ・しわ・白髪・抜け毛

加齢に伴い、肌の保水力が低下し、しみやしわができやすくなります。エストロゲンの減少は、頭皮など肌以外の皮膚や粘膜にも影響を及ぼすため、白髪・抜け毛・口内の乾きなどの症状が出てきます。

手足のしびれ

特に何もしていないのに手や足がしびれたり、蟻走感といって、蟻が身体の上を這いずり回っているような特殊な感覚が起こることがあります。これは皮膚の知覚神経に異常が生じたためで、普段より感覚が敏感になる人もいれば、逆に鈍感になる人もいて、個人差がかなりあります。

肩こり・腰痛・関節痛

関節を滑らかに動かすという働きが、エストロゲンの減少によりにぶることにより、関節痛が起きやすくなります。さらに、筋力の衰えによる肩こり・腰痛が加わり、症状をさらにツライものにする場合があります。

下腹部のかゆみ・性交時の痛み

エストロゲンの減少は女性性器の萎縮・乾燥を招きます。また、免疫力が落ちることで、膣炎を起こしやすくなり、かゆみなどを引き起こします。性交時には痛みを感じることが多くなり、出血するケースもみられます。

便秘・下痢・食欲の変化

自律神経によって消化器はコントロールされているため、やはり更年期の影響を受けます。便秘や下痢、膨満感、吐き気などが主な症状です。また、まったく食欲がなくなる場合と、反対に過食の傾向が出てくる場合がみられ、この場合も個人によりかなり差があります。

精神面の症状

不眠・イライラ・うつ

更年期には、精神的症状として、眠れない・イライラする・気分が落ち込むなど精神的な症状も多くみられます。また、女性ホルモンであるエストロゲンの減少などの生理的要因に、日常生活の急激な変化などのストレスが加わると、症状が悪化する傾向がみられる事もあります。

スポンサードリンク
Filed under: 更年期障害 — admin 12:08 AM