更年期障害の対策と治療

スポンサードリンク

更年期障害や更年期障害の症状が気になったらまずは病院での診察。婦人科や専門外来で、内分泌系の専門医の診察を受けるようにましょう。
更年期は様々な病気が起こりやすい時期です。更年期障害の症状は子宮ガンや高血圧などの症状と似ているため、更年期障害による症状だと本人は思っていても、実は他の病気が隠れている可能性が十分考えられますので、素人判断はやめましょう。
そのために、更年期障害の診断では、「除外診断」がとても大切な診断法とされています。本当に更年期による症状なのか、それとも別の病気が原因ではないのかを的確に区別することがとても重要なのです。

更年期障害の治療

まず他の器質的疾患(更年期障害以外の疾患)を内科などで除外し、更年期障害の原因を調べます。器質的疾患がないと診断されたら婦人科の診察を受け治療することをおすすめします。
更年期障害の原因として、エストロゲン欠乏,環境因子、精神因子が考えられますので、なにが主因なのかを考え、これにあった治療をすることが大切です。治療が適切であれば数カ月で改善されます。更年期障害の程度や治療効果の判定には更年期指数を用います。半年以上たっても効果がない場合は、診断・治療方法を再検討したほうがよいでしょう。具体的な項目を上げると以下のようになります。
まず他の器質的疾患(更年期障害以外の疾患)を内科などで除外し、更年期障害の原因を調べます。器質的疾患がないと診断されたら婦人科の診察を受け治療することをおすすめします。
更年期障害の原因として、エストロゲン欠乏,環境因子、精神因子が考えられますので、なにが主因なのかを考え、これにあった治療をすることが大切です。治療が適切であれば数カ月で改善されます。更年期障害の程度や治療効果の判定には更年期指数を用います。半年以上たっても効果がない場合は、診断・治療方法を再検討したほうがよいでしょう。
具体的な項目を上げると以下のようになります。当然のことながら、これらは担当の医師の判断とその指示に従うのは言うまでもありませんが、知識として覚えておいて損はないでしょう。

心理療法

エストロゲン欠乏を主因としない環境因子や、イライラ、不安感、うつ状態など精神面での要因が大きい場合には、心理療法(カウンセリング)が効果的です。心にたまったわだかまりや不安感を外に出すことによって、気分がスッキリし、精神面の安定と共に症状も軽くなるようですまた。また、軽い運動や趣味なで気分転換を行うことにより、ストレスなどの軽減にも注意しましょう。
パートナーがいる人は、2人でカウンセリングを受けることをおすすめします。更年期障害を理解し協力を得ることができるでしょう。

漢方薬

従来より更年期障害の多彩な不定愁訴に対して漢方薬が使われています。ホルモン補充療法を希望しない人や使用できない人に対しても行います。当帰芍薬散 (虚証例)、加味逍遥散または桂枝茯苓丸(虚証例以外)が代表的です。
漢方薬は効果があらわれるまで少し時間はかかりますが、副作用も少ないので長く使い続けられます。また、漢方薬は症状を和らげるだけではなく体全体のバランスを整えてくれるという作用も期待できます。

対症療法

これは、薬を使って更年期障害の症状をおさえる方法です。とりあえず現状の苦痛を除くことで、精神的な落ち着きを取り戻し冷静に病気と向き合う事ができるようにしていきます。 また、他の方法をおこなっても改善が不十分な場合に、精神安定薬、抗うつ薬、睡眠薬、末梢循環改善薬などが使われることがあります。

ホルモン補充療法(HRT)

エストロゲン欠乏が主因の場合は、ホルモン補充療法が最も効果的治療法です。劇的な効果が望める反面、ホルモン補充療法を行ってはいけない場合(子宮内膜癌、乳癌、血栓症、ポルフィリン血症など)がありますので十分注意する必要があります。ホルモン補充療法は婦人科で行うことをおすすめします。一般の婦人科検診に加えて治療前および治療中の1年ごとに、乳房検診、子宮内膜検査で、肝機能検査、脂質測定、骨量測定などを適宜行います。

スポンサードリンク
Filed under: 更年期障害 — admin 3:10 PM