男性更年期障害の原因

スポンサードリンク

女性の更年期障害の場合は、女性ホルモンである「エストロゲン」の減少が主な原因ですが、それと同じように男性更年期障害も男性ホルモンの「テストステロン」の減少が直接的な原因として強い影響を与えていると考えられています。
男性にも女性ホルモンは存在すると聞くと意外に思われるかもしれません。男性の場合は、20才くらいまでは男性ホルモンの量が女性ホルモンの量に比べて圧倒的に多いのです。ところが、加齢により精巣の機能が衰えると、20才頃から男性ホルモンがゆっくりと減少していきます。そして、40才前後からこの減少傾向が加速しはじめ、個人差はありますが60才になると40才の頃の男性ホルモン量から25%も低下してしまうと言われています。
男性ホルモンの減少は誰にでも見られることですが、その減り方が重要なのです。急激にガクッと減ってしまうといろいろな身体の不調が起こってくることが問題なのです。このガクンと減った時期に、職場や家庭において過度の精神的ストレスに襲われると、男性更年期の症状がより強くあらわれると考えられています。

ストレスをためるタイプの男性は要注意!

男性が社会的にも一応の地位を得て責任も重くなり、それに比例してストレスも増加する時期はおおよそ40才前後と考えられます。例えば、サラリーマンなら管理職として重責を担い、社会状況によってはリストラの不安・恐怖とも戦わなければならないという状況の人が多いのではないでしょうか。定年も視野に入れた人生設計もしなければならなくなる事も考え合わせると、その重圧も想像出来ようというものです。
また、家庭でも大きな変化が訪れる時期です。子どもが巣立った後の家庭では、孤独感や疎外感、夫婦のすれちがい、果ては熟年離婚など深刻な問題を抱えることもあるでしょう。さらに、体力のおとろえや老後の不安も悩みとなってきます。
このような背景も相まって、最初の更年期は40才代前半にやってきます。とくに、真面目で融通がきかない、がむしゃらに仕事をする生真面目タイプの人は、男性更年期障害に陥りやすいようです。次のピークが60才代前半。定年や、それにともなう環境変化によるストレスが引き金になるようです。

更年期障害になりやすいタイプの類型

ストレスをため込まない
  • まじめで几帳面な人
  • 神経質な人
  • がむしゃらに頑張る人
  • アタマばかりで身体を動かさない人
  • せっかちな人
  • くよくよ考え込む人
  • 生きがいや趣味のすくない人
スポンサードリンク
Filed under: 男性の更年期障害 — admin 3:57 PM